見出し画像

私がnote開設するまでにしたこと聞いて②

はじめに

前回に引き続き、広報担当をしております株式会社KMSの小出がnoteを開設に至るまでの経緯をお話ししていきたいと思います!


本題

難しかった点とその結果につきましては以前お伝えしたとおりです。

今回はそれに至るまでの紆余曲折をご紹介いたします。

<目標値の設定>

とにかく最初はPV数などを目標にすべく、指標とできる数字がないか、他社さんはどのくらい読まれているだとか、そういった情報を血眼で探しておりました。

しかし、noteは人それぞれ感じたことをゆるくシェアするツール(あくまで私の考えです)というところで、あんまりガツガツしてもよくないんじゃないかな、というところで担当さんとお話ししました。

ビジネスで使おうとすると、どうしても数字を追いたくなる社会人の性ですが、そこはグッとこらえて、まずは安定した運用の習慣をというところで、一定の期間までにこのくらいの記事数を更新するというところで落ち着きました☺

<更新頻度>

こちらに関しましても、目標と同じように他社さんはどうなのか、平均はどれくらい更新するのかなど、色々と情報収集しておりました。(結果としては、企業さんによってまちまちでした!笑)

ただ、目標が定まると、おのずと更新頻度も見えてきます。私のように、目標が安定した長期運用を、となると大事なことは「無理をしないこと」だと思います。

短いスパンでの記事投稿数をノルマとしてしまうと、どうしても追われている感が出てしまいます。

なので、かねてから自分がこうしたいと思っている更新頻度から少し抑えた目標設定をすることで比較的リラックスして更新できるかなと思いました。

<スケジュール組み>

これに関してはどれだけ調べても答えはないですよね。

最初は右も左もわからないので、ガチガチにスケジュールを組んで、年間で更新する記事の内容も決めて、ということで準備を進めておりました。

何が正解、不正解ということではないので、あくまで私の考えですが、noteはまだ何がバズるとか、これが鉄板だとかそういったものがないので、皆さんに読んでいただけるにはどうするかということを考えるには、あまり先の予定まで決めすぎてしまうのはよくないかな、と思いなおしました。

なので、年間スケジュールの中でも、何か月したらこれをやってみる、とか、ここまでできたら次別の目標を考えようとか、ふわっとしたスケジュールだけたてて、細かいところは適宜対応していこう、というスタイルにしてみました。

これで運用が難しかったらまた別のやり方を考えようという柔軟さを大事にしていきたいなと思っております!

おわりに

ということでこんな感じでnoteはじめました☺

弊社に興味を持っていただけた方皆様に読んでいただけたら本当にうれしいなと思います。ぜひスキも押してくださいませ。

改めまして宜しくお願い致します☺

twitterあるよ

更新のお知らせはtwitter/Facebookでやっているのでみんなフォローしてくれよな!

twitter

Facebook



この記事が参加している募集

オープン社内報

スキありがとうございます!
10
株式会社KMSの公式noteです。KMSのことをもっと知ってもらえたらと思い始めました。https://kms3.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。