見出し画像

エンジニア社員インタビューやってみました☺

画像1

今回はオトギフロンティアのエンジニアであるTKDさんにインタビューしました!現場の生の声をお届けいたします!

<TKDさんプロフィール>

エンジニアのリーダーをされております。
好きなゲームはバイオシリーズ、Skyrim、あだ名はTKDです!

Q.今の仕事内容を教えてください

ゲーム事業部開発リーダー。担当はフロントです。

現在サービス提供しているゲームの運用を行っており、 主に開発のスケジュール管理、フロント側の実装及び改修を担当してます。

Q.エンジニアになろうと思ったきっかけは?

たまたま友達がゲーム系のプログラム学校のパンフを持ってるのがきっかけで、エンジニアを志すことになりました。

「おっこれおもしろそうやん!」で専門学校に飛び込んで、PCも触ったことがなかった自分が今現場にいると思うと感慨深いですね。

Q.KMSを選んだ理由は?

KMSはベンチャー企業かつ自社開発のため、自分の実力が試せて、自由に開発できる点が一番の決定打になりました。
あと、社長の野望を聞いて、自分も一緒になってその野望を達成したいと思ったのも理由のひとつです。

Q.業務で苦労したことは?

もともとC言語での組み込み系のプログラマだったので、C#にも慣れていなかったですし、 Unityにも慣れていなかったので慣れるのが大変でしたね。

同様にSPブラウザ版を開発するときは、Cocos Creatorを使用していたので、それにも慣れるのに苦労しましたね。 未だにCocos Creatorには苦労させられていますが(笑)

Q.やりがいを教えてください

自分が感じるKMSでのやりがいは、自分自身の成長速度です。
やっと慣れてきたと思ったら次のハードルが準備されていて、それを超えたらまた次のハードルが…
という感じで、常に成長をし続けなければいけない環境なので、 自分の成長速度が早いので、すごくやりがいを感じます。

画像2

Q.今後はどのようなキャリアを描いている?

自分は技術はもちろんですが、マネジメント力を今後伸ばしていきたいと考えています。 まだまだ勉強しなければならないことばかりですが、ゲーム事業部をまとめられるような人材になりたいです。

あとは、新規のプロジェクト開発に参画し、自分の技術力、知識を増やしたいとも考えています。

さいごに

自分でゲームをつくってみるのもすごくいいと思います。大きなものをいきなり作ろうとすると挫折してしまうと思いますので、小さなものを作ってみましょう! ◯☓ゲームとか簡単なゲームが良いと思いますよ!

また開発チームに関しては、ゲーム開発経験者は少なく、 新卒や、異業種にて開発をしていた人が多く在籍しています。未経験だけどゲームが作りたい!という方はぜひ「ゲームが作りたいんだ!」という熱量をぶつけに来てください。


いかがでしたでしょうか…!
現在第一線で現場を引っ張っている存在であるTKDさんは現場をいつも明るく盛り上げるムードメーカー的な存在でございます。

今後も様々な方のインタビューを掲載していきたいと思いますので、ぜひチェックしてみてください☺


この記事が参加している募集

オープン社内報

スキありがとうございます!
7
株式会社KMSの公式noteです。KMSのことをもっと知ってもらえたらと思い始めました。https://kms3.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。